コンフィグレーション

iPhoneアプリのプッシュ通知を設定する:情報を知らせてくれる便利な機能

iPhone端末には、アプリ内で何らかのアクションが起きた時にその要旨を知らせてくれる「プッシュ通知」というものがあります。

プッシュ通知は、SNSアプリを開いていない時に知らせてくれる重要な役割を果たすから覚えておくケロ!

今回は、プッシュ通知の設定方法についてご紹介します。「アプリの通知が届かない!」・「通知がうるさい!」でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

プッシュ通知とは

アプリで何らかのアクションが起きた時に、リアルタイムでその要旨を端末本体に知らせてくれる通知のことです。

例えばこんな感じで、LINEやTwitterなどでメッセージが届くと、端末本体にお知らせしてくれます。コレをプッシュ通知と言うんですね。

なので、このプッシュ通知設定を疎かにしていると、「アプリの通知が届かない」・「通知がうるさい」などと言った悩みがでてくるわけです。

プッシュ通知をON/OFFに切り替える

ここからは、上記で説明したプッシュ通知をON/OFFに切り替える流れをiPhone画面に沿って解説していきます。

iPhoneの設定アプリを開き、通知からプッシュ通知の設定をしたいアプリをタップしてください。(写真の場合LINEアプリ)

通知の許可という項目をON/OFFに切り替えることでプッシュ通知受け取りの設定をすることができます。

ONにすると、プッシュ通知がくるようになります。
OFFにすると、プッシュ通知がこなくなります。

プッシュ通知のサウンドとバッジ表示

次は、プッシュ通知が来た時のサウンド(音)とバッジ表示の設定を行いましょう。

プッシュ通知の設定画面にて、「サウンド」と「バッジの表示」の設定ができます。2つの意味については以下で解説しているので、そのままスクロールしてお読みください。

通知時にサウンドを鳴らす

サウンドの項目をONにすると、通知時に音を鳴らしてくれます。画面ロック中でも音が鳴るようになっています。

ちなみに、マナーモード(サイレントモード)をオンにしているとプッシュ通知の音も出ない状態になってしまいます。なので、音を鳴らしておきたい場合は、必ずマナーモードをオフにしておきましょう。

iPhone端末の左上端にある一番上のスイッチを上方向に切り替えることで、マナーモードをオフにすることができます。

だけど、電車やバスの中にいるときは、周りの人に迷惑が掛からないよう必ずマナーモードをオンにしておくケロ!

Appアイコンに未読の通知数を表示する

Appアイコンにバッジを表示の項目をONにすると、アプリアイコンの右上角に未だ読んでいない通知の数を表示します。右上の赤い数字を”バッジ”と言います。

プッシュ通知の表示形式を設定する

ここからは、プッシュ通知の表示形式を設定してみましょう。

プッシュ通知の設定画面にて、プッシュ通知の表示形式を変更できます。各設定の意味については以下で解説しているので、そのままスクロールしてお読みください。

ロック画面にプッシュ通知を表示する

ロック画面に表示をONにすると、iPhoneをスリープ状態(ロック中)にしててもプッシュ通知が表示されるようになります。

通知センターにプッシュ通知の履歴を表示する

履歴に表示をONにすると、通知センターに今までのプッシュ通知の履歴が表示されるようになります。

プッシュ通知のバナーを表示する

バナーとして表示をONにすると、操作中に画面最上部からプッシュ通知のバナーが表示されます。

また、バナーの表示時間を「一時的」か「持続的」かで選択できます。“持続的”に選択した場合は手動で上にスワイプして消す必要があります。

これまでに説明したプッシュ通知の設定は、各アプリごとに設定できるから、各アプリごとにプッシュ通知の使い分けをしてみるのもオススメだケロ!