LINEの使い方

【LINE】グループ通話のやり方:画面の見方〜操作方法を解説

前回の記事

STEP6
グループの作り方

「グループ通話のやり方」を読む前にLINEのグループについて知っておくと本記事をスムーズに読めます。グループについてわからない方は、上記の「前回の記事」を先に読んでおきましょう。

今回は、LINEで3人以上で通話ができる「グループ通話」について、始め方〜切り方まで解説します。

LINEのグループ通話について

「グループ通話」とは3人以上で音声通話・ビデオ通話ができる無料機能です。「グループトーク」もしくは「複数人トーク」にてグループ通話を利用できます。

音声通話は最大200人まで同時で通話することができ、ビデオ通話は最大4人までカメラを起動することができます。

僕は、10人でグループ通話をしたことがあるけど、誰が何を喋っているのかわからなかった・・・。4~6人くらいのグループ通話がベストだよ!

グループ通話を始める

トーク画面から右上のをタップして音声通話をタップした時点でグループ通話が開始します。

グループ通話を開始したら、誰かがグループ通話に参加してくるまで待ちましょう。誰かが参加すると、通話画面にユーザーアイコンが増えます。

ちなみに、グループ通話の呼び出しは、1:1の通話みたいに相手に着信が届いたりはしないよ!

グループ通話に参加する側の操作

誰かがグループ通話を開始すると参加というボタンが上部に表示されます。参加する側は参加をタップすることでグループ通話に入れます。

グループ通話画面の見方

グループ通話中は写真のような画面が表示されます。「表示されているアイコンの数=通話の参加人数」です。

写真の場合、アイコンが3つ表示されているので、自分を含む3人がグループ通話に参加しているのがわかるね!

グループ通話中の1人が通話から抜けると、その人のアイコンが通話画面から除外されます。

通話画面の各アイコン機能について

通話画面に表示されている各アイコンは、1:1の通話をする時と同じ機能です。以下のリンク先で通話画面の機能について解説しています。

LINE友だちと無料通話をする:通話画面のわかりやすい操作説明今回は、LINE無料通話の仕組み〜通話画面の基本操作を解説します。...

通話中のメンバー確認と招待

通話画面右上のをタップすると、現在の「グループ通話に参加しているメンバー」「参加していないメンバー」を確認できます。

参加していないメンバーをグループ通話に呼びたい場合は招待をタップすることで呼び出すことができます。

グループ通話に招待された側の操作

グループ通話に招待された側は、呼び出しの着信ではなく、通知が届きます。通知を開いて頂くとグループ通話に参加することができます。

グループのビデオ通話について

グループでビデオ通話は最大4人まで行うことができ、4人までカメラを起動することができます。

をタップしてビデオ通話を開始します。写真では、3人がビデオ通話をオンにしている状態です。

ビデオ通話の表示モードは「全員が均等に写る表示モード」「1人が大画面で写る表示モード」の2種類あります。ビデオ通話画面をダブルタップすると表示モードを切り替えられます。

相手のビデオカメラが通話画面に表示されない場合

LINEのビデオ通話は、自分側のビデオカメラを1度オンにしないと、相手のビデオカメラが通話画面に表示されない仕様になっています。

自分側のビデオ通話をタップすることで、相手のビデオ通話が表示されるようになります。1度カメラをオンにすれば、その後カメラをオフにしても相手のビデオは通話画面に表示されるようになります。

グループ通話を終了する

「グループ通話を終了する」というより、正確には「グループ通話から抜ける」という表現が正しいです。

終了アイコンをタップすることで、グループ通話から抜けられます。抜けた後も、別のメンバーが通話を続けていたら、参加をタップして再びグループ通話に混じることができます。

そして、全員がグループ通話を抜けてから完全に通話が終了します。

まとめ

最後に、ここまでの記事の内容をまとめておきます。

  • 音声通話は最大200人まで可能
  • ビデオ通話は最大4人まで可能
  • 通話に参加していないメンバーを招待して呼び出せる
  • ビデオ通話をオンにしないと、相手側のビデオ通話が表示されない
  • 全員がグループ通話を抜けてから始めて通話が終了する

以上、「LINEグループ通話のやり方(ステップ7)」の解説でした。