LINEの使い方

【LINE】複数人でトークするには?仕組み〜グループ作成方法までわかりやすく解説

今回は、複数人でトークする方法を解説します。「グループトーク」と「複数人トーク」の違い〜作成方法について、わかりやすくまとめているので参考にしてください。

トークルームについて

LINEでは、3人以上でトークができる「グループトーク」と「複数人トーク」の2種類のトークルームを作ることができます。

どちらも3人以上でトークが可能で機能としては全く同じですが、誰とどのようにトークしていくかで使用用途が異なっていきます。

グループトークの使用用途

家族・仕事仲間・イツメンなど、今後グループとして連絡する必要がある時にグループトークを使います。

グループトークの特徴
  • 連絡したい時にグループリストからいつでもトークができる
  • グループから退会する時に多少の抵抗がある
  • グループのアイコンやグループ名を付けれる

複数人トークの使用用途

複数人で一時的にトークをしたい時に複数人トークを使います。

複数人トークの特徴
  • グループではないためトーク履歴を削除するとルームから退出する
  • 気軽にトークから抜けられる
  • グループのアイコンやグループ名を付けれない

グループを作成する

下部メニュートークから、右上のをタップしグループ作成を選択してください。

グループに招待したい友だちを選んで次へをタップしてください。

友だちは後からでも招待できる

グループ作成時点でなくても、後から友だちを招待することも可能です。以下のリンク先で「トークルームに友だちを招待する方法」を解説しています。

【LINE】グループにメンバーを招待する方法LINEは、1グループは最大499人まで参加することができます。つまり、1グループ499人までなら友だちを招待できるということです。 ...

次にグループ名グループアイコンを設定します。(これも後から設定可能)

グループアイコンとは?


グループリストやトークリストなどの左側に表示される写真のことです。

50字以内でグループ名を入力して、をタップしてグループアイコンを設定してください。

グループ名の決め方

家族、会社名、学校名、部活名、仕事、〇〇会など。グループの人たちと共通点のあるネーミングが良いです。

設定が完了したら作成をタップしてグループの作成は終了です。最後にホームからグループリストを開き、先ほど作成したグループ名が表示されていればOKです。

あとは、招待した友だちがグループに参加してくれるまで待ちましょう!

招待される側の操作

招待された側は、ホーム招待されているグループリストを開き、参加または拒否のどちらかを選択してください。

招待された友だちがグループに参加することで、はじめてグループメンバーになるよ!

複数人トークを作成する

下部メニュートークから、右上のをタップしトークを作成を選択してください。

複数人トークに追加したい友だちを友だちリストから選んだら、右上の作成をタップ。

「複数人トーク」の場合、メッセージを送信しないと相手側にはトークルームが表示されないので、トークルームを作成したら必ずメッセージを送信しましょう。

複数人トークはグループではないため、そもそも「参加する」とか「退会する」という概念がないよ!だから、招待された人は強制的にトークルームに入ることになるんだ!

複数人でトークを始める

グループもしくは複数人トークを作成できたら、トークを始めることができます。

トークの始め方はいつもの1:1でトークしている時とは違い、トークルーム内にいる全員で会話を楽しめます。

トークルーム内にいるユーザーが、あなたのメッセージを読むと既読数が付きます。写真で例えると、「既読2」と表示されたら「2人が読んだ」ということになりますね。

ちなみに、グループトークの場合で、グループに参加出来てないユーザー(招待中のユーザー)は、現在進行中のトーク内容を見ることはできないので注意しておきましょう。

まとめ

最後に、ここまでの記事の内容をまとめておきます。

  • トークルームは「グループトーク」と「複数人トーク」の2種類ある
  • 複数人で継続的に連絡をとる場合は「グループトーク」を使う
  • 複数人で一時的に連絡をとる場合は「複数人トーク」を使う

以上、「複数人とトークができるトークルームの作り方(ステップ6)」の解説でした。