LINEの使い方

【LINE】グループにメンバーを招待する方法

LINEは、1グループは最大499人まで参加することができます。つまり、1グループ499人までなら友だちを招待できるということです。

自分が招待できるメンバーは、自分が友だち追加しているユーザーのみです。また、グループ内にいる第三者が友だちを招待する場合も、第三者が友だち追加しているユーザーのみになります。

本記事では、LINEのグループに友だちを招待する方法をご紹介していきます。

グループを作成する方法については以下のリンク先で解説しています。

グループを作成する方法

LINEグループに友だちを招待する方法

メニューを開く

グループのトーク画面を開き、右上のメニューを開いてください。

招待をタップ

いくつかの項目の中から招待をタップ。

招待するメンバーを選ぶ

友だちリストが表示されるので、中から招待したいユーザーを選んで右上の招待をタップしてください。

招待した要旨がトーク画面で知らされる

以上で、招待が完了します。

招待すると、トーク画面で〇〇〇〇を招待しました」という通知が入ります。これは、“誰が誰を招待したのか”というのをグループ全員に把握してもらう為の通知になります。なので、誰が招待したのかは、グループ全員に知られることになります。

〇〇が参加しました

また、招待した人が参加すると、「〇〇が参加しました。」という通知が入ります。この瞬間から、招待した人がグループの仲間入りということになります。

招待された側のグループ参加方法

招待されているグループ

招待された側のLINEでは、友だちリスト一覧の画面で「招待されているグループ」という項目が増えているはずです。

参加するには、招待されたグループ名をタップしてください。

参加

参加を選択することでグループに入ることができます。

招待された側が、誤って拒否を選択してしまった場合、グループに入れることができません。再度、招待する必要があります。
グループを見る

参加をタップすると、そのままグループを見るをタップすることで、トーク画面に移ります。

トーク画面

トーク画面を開くと、「〇〇(あなた)が参加しました。」という通知からトークが始まります。

途中からグループに参加する人は、参加する前のトーク内容が見れないようになっています。