LINEの使い方

LINEのKeep(キープ)って何?使い方や保存時の注意点を初心者向けに解説!

今回は、LINE機能の一つである「Keep」の使い方や保存期間・容量の注意点について、初心者向けにわかりやすく解説します。

Keep(キープ)とは

Keepとはトーク画面で送受信した大切な情報(メッセージ(テキスト)・写真・動画・GIF・ファイル)を1GBまで保存できる保管場所のことです。

メリット・使いどき

トークで大切なメッセージを送受信した場合に、メッセージをKeepに保存しておくことで、万が一トーク履歴を削除した後でもKeepから保存したメッセージ見ることができます。

トークで写真・動画・ファイルを送受信した場合に、Keepに保存することで期限切れを防ぐことができます。

期限切れとは?

トークで送受信した写真・動画は14日間経つと読み込めなくなり、ファイルは7日間経つと読み込めなくなります。こういった有効期限の終了を「期限切れ」と表現します。

保存期間

Keepでは、1GBまで無期限で保存できますが、1つで50MB以上を超えるコンテンツを保存する場合は30日間の保存期間が設けられます。

特にサイズの大きい画像やファイル・再生時間が長い動画は保存期間が設けられる可能性があり、30日経過すると期限切れになる恐れがあるので注意しておきましょう。

保存容量

Keepに保存できる容量は1GBまでとなっています。1GB以上はKeepに保存できないため、Keepに保存してある不要なデータがある場合は随時削除していくように心がけてください。

Keepに保存する方法

上記を踏まえた上で、Keepに保存する方法をご紹介していきます。

トークからKeepに保存したいコンテンツを長押しして、メニューからKeepを選択します。

スタンプ・位置情報・連絡先はKeepに保存することはできません。

Keepに保存したいコンテンツにを入れ、右下の保存をタップして完了です。

Keepの見方

続いて、Keepに保存したコンテンツを確認してみましょう。

ホームから自分のプロフィールをタップし、右下のKeepを選択しましょう。

次に表示された画面がKeep(コンテンツの保管場所)になります。「すべて・写真・テキスト・ファイル」にカテゴリー分けされているので、閲覧の際はそれぞれの保管場所がわかりやすくなっています。

Keep画面の操作

ここからは、Keep画面上での操作・できる事を解説します。

新規でテキスト/写真・動画/ファイルを追加する

Keep画面右上の+をタップすると、新規でテキスト/写真・動画/ファイルを追加することができます。

その他の設定

Keep画面右上の・・・をタップすると様々な機能を使うことができます。

それぞれの項目については以下にわかりやすくまとめました。

トークに送信

Keep上に保存してあるコンテンツを選択して友だちに送信することができます。

タグを追加

Keep上にあるコンテンツにタグを付けて分類分けができます。

主にKeep内のコンテンツを判別しやすくする為に使われます。「タグの例)#大事なもの、#仕事用など」

削除

Keep上にある不要なコンテンツを選択して削除できます。

グリッド表示/リスト表示

Keep上にあるコンテンツ表示形式をグリッド表示またはリスト表示に切り替えることができます。

ちなみに、デフォルトではリスト表示になっており、「リスト表示」と「グリッド表示」の違いは写真の通りです。

並べ替え

Keep上にあるコンテンツ表示順を「日付/サイズ/名前」のいずれかで並び変えることができます。

設定

Keep内のデータ容量を閲覧したり、Keep上にあるコンテンツをすべて削除することができます。

Keep上限1GBの内、現在どれくらいの容量を使用しているのか、写真・テキスト・ファイル毎に細かく確認できます。

ホーム画面に追加

Keep画面へすぐに移動できるアイコンリンクをホームに追加できます。

Keepをホーム画面に追加すると、ホーム画面からワンタップでKeepを開けるようになります。