Twitterの使い方

【Twitter】ブロックとミュートの違いを簡単に説明する

Twitterには、相手との通信を遮断できる「ブロック」と、相手の投稿をタイムライン上から非表示にできる「アカウントミュート」があります。

今回は、「ブロック」と「アカウントミュート」の2つの違いについて、簡単に説明していこうと思います。

ブロックとアカウントミュートの違い

簡単にいうと、

  • 「ブロック」は、相手と自分との通信を遮断する。
  • 「アカウントミュート」は、相手のことを視界から外す。

というものになります。

ブロックは、相手との通信手段を遮断するため、投稿にいいね・RT・リプライやDM(ダイレクトメッセージ)などができなくなります。一切相手と関わりたくない時に利用する機能です。もちろん、相互フォローも解除されタイムライン上からも除外されます。

対するミュートは、投稿にいいね・RT・リプライやDM(ダイレクトメッセージ)などは普通にできるけど、タイムライン上から投稿が除外されるだけの機能になります。つまり、通信手段はあるけど、ただ単に自分の視野から外れるということです。

表で要約すると以下のような違いになります。

ブロック中
ミュート中
リプライ できない できる
いいね できない できる
RT できない できる
DM できない できる
タイムラインのツイート 非表示 非表示
プロフィール 閲覧不可 閲覧可
相手に バレる バレない
解除 できる できる
相互フォロー 解除される 解除されない

ブロックとミュートの使い分け

迷惑行為や一切関わりを持ちたくないユーザーに対しては「ブロック」、そして、ブロックする程ではないけど、”目障り”だと感じたら「ミュート」にすることをオススメします。

迷惑なユーザーや苦手なユーザーと立合ったら、以上を参考に、ブロックとミュートを使い分けてみてください。

ブロックとミュートのやり方や使い方については、以下のリンク先にて解説していますので、よかったら参考にしてください。

ミュート機能の使い方

ブロック機能の使い方