Twitterの使い方

【Twitter】クオリティフィルターとは?質の低いツイートを非表示にできる機能

Twitterでは、通知のタイムライン上に表示される質の低いツイートを非表示にできる「クオリティフィルター」と呼ばれる機能があります。(2016年8月に登場した機能)(バージョン6.60以上が対応)

本記事では、この『クオリティフィルター』の意味・メリットや設定方法についてご紹介していきたいと思います。

Twitterの「クオリティフィルター」とは?

通知タイムライン

クオリティフィルターとは、「通知のタイムライン上」に表示される質の低いツイートを非表示にする機能です。つまり、AIが判別した不快に思うツイートを除外する機能になります。

質の低いツイート(コンテンツ)って?

定期ツイート

質の低いツイートは、「自動生成されたツイート」「不快なツイート」等が該当します。

例えば、Twitterでよく見る「〇〇Bot」の定期ツイート・誹謗中傷ツイート・卑猥なツイートなどなど、クオリティフィルターをONにしておくことで、これらの質の低いツイート(コンテンツ)を除外することができるわけです。

フォローしているユーザーやリプライは対象外

ただし、フォローしているユーザーの不快なツイートや定期ツイートはクオリティフィルターの対象外になります。(除外しない)また、フォローしているユーザーだけでなく、あなたに対して返信されたリプライツイートも対象外になります。

クオリティフィルターを設定する方法

設定とプライバシー

ホーム画面からマイアイコンを開き、設定とプライバシーをタップ。

クオリティフィルター

次に、通知を選択して、クオリティフィルターの項目をONに切り替えれば有効になります。

クオリティフィルターをONにしておけば、今後スパムツイートや不快なツイートなどの通知も届かなくなりますし、頻繁にくる通知を抑えることもできるので、オススメの機能です。ぜひ、使ってみてください。

また、もう一つ、DM(ダイレクトメッセージ)にもクオリティフィルターの設定があります。DMのクオリティフィルターについては以下の記事で解説していますので、よかったら参考にしてください。

DMのクオリティフィルター