Twitterの使い方

Twitter(ツイッター)の始め方:新規アカウントを作る初期設定の手順

本記事では、大人気SNSの一つであるTwitter(ツイッター)の始め方~新規アカウントを作成するまでの方法を、スマホアプリ版に沿ってご紹介していきます。

「ツイッターの始め方がわからない!」という方は、ぜひ、本記事を参考にしてください。

Twitterについてよくわからない方は以下のリンク先で解説していますので良かったらお読みください。

Twitterとは

Twitter(ツイッター)をインストールする

まずはじめに、アプリ「Twitter(ツイッター)」のインストールをしましょう。インストールリンクは以下に貼っておきます。(iPhoneの方は「App Store」。Androidの方は「Google Play」でインストールします。)

Twitter

Twitter

Twitter, Inc.無料

インストール完了したらツイッターを開いてください。

新規アカウントを作成する

Twitterアプリを開くと以下のような画面が表示されます。

アカウントを作成

アカウントを作成をタップ。

名前・メアド・電話番号

Twitterのアカウント名(ユーザー名)電話番号orメールアドレスを入力します。

※電話番号とメールアドレスはどちらかでOK。
電話番号で登録するメリット
  • メールアドレスよりもログイン認証のセキュリティ機能が利用できる
  • 自分の電話番号を登録している友達とTwitterで繋がることができる(繋がらないようにすることも可)

後々の設定で、メールアドレスと電話番号の登録・変更をすることも可能です。

入力できたら次へをタップ。

登録する

次に簡単な同意が表示されるので、読み終わったら登録するをタップ。

認証コード確認

次は認証に入ります。先ほど入力したメールアドレスor電話番号宛に6桁の認証コードが送信されるので、受信した内容を確認し認証コードを入力してください。

認証コード入力

入力したら次へをタップ。

パスワード設定

今後ログインする際に必要なアカウントのパスワードを設定します。半角英数字6文字以上のパスワードを決めてください。(パスワードは後から変更する事も可能)

この画面ではパスワード再入力項目がないので、入力ミスがないようにパスワードを表示するをタップして確認しておくと良いです。

パスワードが決まったら、忘れないよう紙にメモして次へをタップ。

写真アップロード

続いてプロフィール画像を設定します。画像をアップロードをタップして、スマホカメラロール内からお好きな写真を設定してください。

ここのプロフィール画像は、みんな見られるアイコン画像です。

左下の今はしないにすると、Twitterが用意するデフォルトアイコンに設定されます。また、プロフィール画像は後から設定することも可。

設定できたら次へをタップ。

自己紹介入力

続いて、プロフィールを開いたときに表示される自己紹介文を設定します。(上限160字まで)

入力できたら次へをタップ。

連絡先を同期

続いて、連絡先を同期するかしないかの選択を指示されます。

連絡先を同期をタップすると、あなたが先ほど入力したメールアドレスor電話番号を登録しているユーザーをTwitterで見つけることができます。(ただしTwitterを登録しているユーザーのみ)

連絡先の人と繋がりたくない方は今はしないを選択することをオススメします。

トピック選択

次に、興味のあるトピックを選択します。

トピックを選択すると、Twitter側からあなたに向けて、トピックに沿ったおすすめユーザーアカウントを紹介してくれます。(おすすめ欄に表示されるだけ)

特になければ、左下の今はしないをタップしましょう。

おすすめアカウント

次の画面では、おすすめアカウントが表示されます。ここで表示されるアカウントは、先ほど選択したトピックに沿ったユーザーアカウントやTwitterの公式アカウント・芸能人・有名人などが表示されます。

気になるユーザーがいればフォローしましょう。特にいなければ、何もフォローせず次へをタップしてください。

「フォロー」についてよくわからない方は、以下のリンク先の「Twitterを始める前に抑える知識」で解説しているのでそちらをお読みください。

Twitterを始める前に抑える知識

通知を許可

続いて通知設定です。

Twitterに関わる通知を受け取る場合は通知を許可をタップしてください。(後から設定することも可)

どんな通知?

誰かがあなたをフォロー・返信・いいね・リツイートなどをされた時の通知です。後々、細かい通知を設定することもできます。

正確な位置情報

最後に、位置情報許可の選択を指示されます。

ここでOK(許可)をタップすると、あなたがツイートするときに、そのツイートにあなたが指定した位置情報を埋め込むことができます。

誰かにあなたの場所を特定されるということではありませんので、ご安心ください。ただし、現実の位置情報に関わる事なので、“不安”または“位置情報を埋め込む機会はない”という方は今はしないを選択しておくといいです。

アカウント作成完了

これで、Twitterの新規アカウント作成と初期設定は完了です。お疲れ様でした。