Twitterの使い方

Twitterには3つのミュート機能があるって知ってた?使い方を解説!

Twitterでは、特定のユーザーがツイートした投稿をタイムライン上で非表示にしたり、特定のキーワードだけを非表示にしたり、DMメッセージを一定期間受け取らないようにすることができる3つの「ミュート」機能があります。

本記事では、「3つのミュートについて」・「ミュートにする方法」・「ミュートは相手にバレるのか?」について、ご紹介していこうと思います。

ブロックとミュートの違いについてはこちら

Twitterの「ミュート」機能は3つある

冒頭でも話したように、Twitterでは以下3種類のミュート機能があります。

3つのミュート
  • アカウントミュート
  • キーワードミュート
  • 会話ミュート(DM)

まずは、これらについて1つずつ解説していこう。

アカウントミュートとは

アカウントミュートは、そのアカウントユーザーが投稿するツイートがタイムライン上から非表示にする機能です。

フォローしているユーザーをミュートすると、その人の投稿がタイムラインから除外されます。

どうゆう時にミュートする?

ブロックまではしたくないけど、タイムラインから除外したい時など

また、フォロ−していないユーザーをミュートすると、第三者がRTしたツイート等がタイムラインから除外されます。


〇〇をミュートにする

タイムラインから非表示にしたいユーザーのプロフィールに移動し、右上の・・・をタップします。

メニューが表示されるので、〇〇さんをミュートを選択しましょう。

これでアカウントミュート完了です。

ミュートマーク

ミュートを解除したい場合は、ユーザーのプロフィールのミュートマークをタップし、〇〇さんのミュートを解除するをタップすれば解除できます。

キーワードミュートとは

キーワードミュートは、あなたが特定したキーワードがツイート内に含まれていた場合、タイムラインからそのツイートを除外します。

例えば

「バカ,アホ」のキーワードをミュートにすると、タイムラインから「バカ,アホ」が含まれたツイートを除外します。


設定とプライバシー

ホーム画面のマイアイコンから、設定とプライバシーをタップしましょう。

ミュートするキーワード

コンテンツ設定ミュート中の順で進んでいき、ミュートするキーワードを開いてください。

キーワードを入力

次に表示された画面で、右下の追加するをタップし、ミュートしたいキーワードやフレーズを入力しましょう。

ミュート対象

ミュート対象

ホームタイムライン:ONにすると、ミュートしたキーワードが含まれたツイートをタイムライン上から除外します。

通知:ONにすると、ミュートしたキーワードが含まれたツイートの通知を通知欄から除外します。

ミュート期間

ミュート期間

1日~7日~30日もしくは無限にミュート期間を定めることができます。指定したい期間にチェックを入れておきましょう。

会話ミュートとは

会話ミュートとは、DM(ダイレクトメッセージ)のやりとりの事を指し、ユーザーからのDMを非表示にする機能です。

また、1時間/8時間/一週間/無限とミュートする期間を設定することができます。


iマーク

ダイレクトメッセージの会話画面から、右上のiをタップします。

会話ミュート

通知の項目にある会話をミュートをONに切り替えることで会話ミュートにすることができます。

会話ミュート期間

ONにすると期間の指定を要求されるので、指定したいミュート期間を選択しておきましょう。無限に会話ミュートにしたい場合は再度オンにするまでを選択してください。

ミュートは相手にバレるの?

以上3つのミュートについて解説しましたが、どのミュートも相手にバレることはありません!

ミュートは「相手のツイートや通知を視界から外す」というだけのものなので、特にバレたりするということはありません。

ただし、相手との通信を遮断できる「ブロック」の場合は別ですよ!ブロック機能については、以下のリンク先で解説しているので、よかったら参考にしてください。

ブロック機能の使い方