YouTubeの使い方

【YouTube】動画・コメントに評価する:動画主にアカウントはバレるの?

今回は、YouTubeの「評価」の意味や動画に高評価・低評価を付けるやり方を解説します。

YouTubeの「評価」とは・意味

YouTubeの動画に付ける「評価」は、クリエイターに対してボタン一つで動画の良し悪しを伝えることができる機能であり、高評価と低評価の2種類あります。

評価基準は至って単純で、動画に対して気に入ったら高評価、気に入らなかったら低評価。評価の有無は自由となっています。

高評価した動画は高評価リストに入る

動画に対して高評価をした場合のみ、高評価リストにその動画が入ります。高評価リストでは、今までに高評価した動画を順番に再生することができます。

動画を評価するにはチャンネルが必要

YouTube動画に高評価または低評価を付ける場合、YouTubeチャンネルを開設しておく必要があります。

動画に高評価・低評価を付けるやり方

動画再生ページにあるをタップすると高評価、をタップすると低評価になります。

高評価と低評価の下に記載してある数字は、評価したユーザーの数を表すよ!

タップするとボタンが青く光ります。評価は1つの動画に1アカウント1回までが上限です。

評価を解除する場合は、青く光っている評価ボタンを再度タップすると評価を取り消すことができます。

評価数が表示されない動画

動画主(クリエイター)側の設定により高評価・低評価の数が表示されない動画も存在します。

評価数が非表示の動画に関しては、視聴者側に評価数が表示されていないだけで、クリエイター側には評価数が表示されるようになっています。

評価数が非表示でもクリエイターにちゃんと評価を伝えることができるんだ!

コメントに高評価・低評価を付ける

動画に評価する以外にも、コメントに対しても評価することができます。

コメントにあるをタップすると高評価、をタップすると低評価になります。

ただしコメントの場合、高評価の数字は反映されますが、低評価の数字は反映されない仕様になっており、低評価を押された側も数字が見えないようになっています。

よくある質問

高評価・低評価したら動画主にアカウントはバレるの?

バレません。

動画主(クリエイター側)は、誰が高評価・低評価したのかは判断できず、アカウントの特定まではできないようになっています。

低評価してアカウント凍結(BAN)されることはある?

低評価を押すことに多少抵抗があるかと思われますが、低評価でアカウントが凍結されることはありえないでしょう。

YouTubeの評価に関する公式ヘルプを見ると以下のような記載があります。

動画をあまり気に入らなかった場合は、低く評価することでその意見を表明することができます。

引用元YouTubeヘルプ

このことから、低評価もクリエイターに動画の感想を伝える1つの手段であり、仮にそのようなシステムがあるならば、低評価ボタンなんてものはありません。

評価と動画主(クリエイター)の収益の関係性は?

「高評価が多いからと収益も上がる」なんてことはありません。逆に、「低評価が多いから収益が下がる」なんてこともありません。

YouTube広告収入の単価は、広告出稿側の出稿費によって変わります。なので、単価が低いときもあれば高いときもあります。

まとめ

さいごに、ここまでの内容をまとめます。

  • 評価はクリエイターに感想を伝える1つの手段
  • 動画を気に入ったら高評価、気に入らなかったら低評価
  • 評価数が表示されない動画も存在する
  • 低評価をしてアカウントBANされることはない
  • 評価とクリエイターの収益は関係ない

以上、「動画・コメントに評価するやり方(STEP6)」の解説でした。

YouTubeの基本的な使い方