YouTubeの使い方

【YouTube】検索履歴を残さない方法「一時停止した時の影響は?」

YouTubeで、検索したワードの「履歴を残さない方法とその影響」や、逆に「履歴が残らない時の対処方法」をご紹介します。

「検索履歴を消す/削除する方法」

検索ワードの履歴を残さない方法

スマホ版とPC版にわけて解説していきます。

スマホ版

マイアイコンをタップ

ホーム画面から「マイアイコン」をタップします。

設定をタップ

「設定」を選択。

「検索履歴を一時停止」をタップ

履歴とプライバシーの項目から「検索履歴を一時停止」を右へスライドさせONすると、ONにした時点から検索ワード履歴が残らなくなります。

PC版

ホーム画面

ホーム画面から「三マーク」をクリックします。

「履歴」をクリック

メニューから「履歴」をクリック。

「検索履歴」にチェック

右側の欄から「検索履歴」にチェックを入れましょう。

「検索履歴を一時停止」をクリック

「検索履歴を一時停止」をクリックすると、その時点からの検索ワード履歴が残らなくなります。(「検索履歴を一時停止」の項目が「、検索履歴を有効にする」に変わっていればOK)

検索履歴を一時停止(残らなくする)をした場合の影響

「検索履歴を一時停止」をON・有効にした場合、チャンネルに対していくつか影響が生じます。

検索履歴を残らなくした場合の影響
  • 新しい検索ワードが取得されなくなる
  • YouTube Musicの検索履歴も残らなくなる
  • 新しい検索ワードから取得する「おすすめ動画」が表示されなくなる(既存の検索ワードからしか「おすすめ動画」が選出されない。)

逆に「検索履歴を残したい」・「検索履歴が残らない」で困っている方

スマホ 「検索履歴を有効にする」をクリック

スマホの場合、「検索履歴を一時停止」の項目がONになっている可能性が高いので、今後検索履歴を残したい場合はOFFに切り替えましょう。

PC 「検索履歴を有効にする」をクリック

PCの場合、履歴画面の 「検索履歴を有効にする」をクリックすると、検索履歴が残るようになります。(「検索履歴を一時停止」という項目に変わっていればOK)

YouTubeを使いこなそう