YouTubeの使い方

【YouTube】検索して動画を探す:見つからない時はフィルタを使おう

今回は、YouTubeの動画を検索して探す方法や探すコツ、検索フィルタに関する基本操作などを初心者に向けて解説します。

検索して動画を探す

ホーム画面上部にあるをタップすると検索バーが表示されるので、探したい動画に関連するキーワードや動画タイトルを入力しましょう。

今回は「YouTubeのテーマソング」を例に話を進めていきます。この場合、人気な動画なので検索バーにYouTubeテーマソングと検索するだけで動画が上位に出てきます。

上位に表示される動画

検索ワードに最も関連する動画が上位に表示される仕組みになっています。中でも、基本的に再生数の多い動画や登録者数が多いチャンネルの動画が上位表示される傾向があります。

もし、動画のタイトルが思い浮かばない場合は、それらしいワードを入力して検索候補から探すと動画が見つかりすくなります。

検索候補は、ユーザーが最も多く検索したワードの順で表示されるよ!
検索候補について

検索候補に表示されるワードは、頭にが付いてるワードを指します。頭にが付いてるワードは、検索候補ではなく自分が過去に検索履歴のワードなので誤解しないようにしましょう。

公式と無断転載の区別

今回の話で例えると、「YouTubeテーマソング」と検索した場合、同じ動画が2つ以上検索結果に表示されることがよくあります。これは、一方が無断転載された違法アップロードの動画なので視聴は避けましょう。

無断転載と公式の区別はチャンネル名と再生数を見て判断することができます。「YouTubeテーマソング」であればHikakinTVが配信している動画なので、HikakinTV以外がアップロードした動画は無断転載と認識することができます。

中には、判断材料が少なく、無断転載と公式の区別が難しいものもありますが、なるべく区別して動画を視聴するようにしましょう。

検索フィルタの使い方

先ほど言ったように、YouTubeの検索結果はキーワードに対する関連度が高い順で表示されますが、検索フィルタを使うことで検索結果の表示順や動画の種類を絞り出すことができます。

検索フィルタを使うと見たい動画が探しやすくなるよ!

検索フィルタは検索結果画面の右上にあるをタップすることで使用できます。

検索フィルタは、「並べ替え・コンテンツタイプ・アップロード日・動画に長さ・特徴」の5種類あり、特徴を除いて各項目から1つずつフィルタを選ぶことができます。

検索フィルタの使用例

例えば、話題になったニュースやトレンド物についてアップしている動画は、最初の内は検索してもヒットしないことが多いです。そこで、検索フィルタの並び変えをアップロード日に変更することで、トレンド物の動画が見つかりすくなります。

検索フィルタを解除/元に戻す

もしも、検索フィルタをしてしまい、元のフィルタに戻したい場合は以下に記載しているデフォルトのフォルタに設定し直しましょう。

デフォルトのフィルタ設定
  • 並べ替え:関連度
  • コンテンツタイプ:すべて
  • アップロード日:指定なし
  • 動画の長さ:すべて
  • 特徴:チェックなし
ちなみに、アプリを再起動してもフィルタは元に戻るよ!

まとめ

さいごに、ここまでの内容をまとめます。

  • 検索時は見たい動画のタイトルやヒットしそうなワードを入力
  • 検索候補はユーザーが最も多く検索したワードの順で表示される
  • 検索候補のトップには検索履歴が表示される
  • 公式と無断転載の区別が大事
  • 動画が見つかりづらい時は検索フィルタを使う

以上、「検索して動画を探す方法(STEP3)」の解説でした。

YouTubeの基本的な使い方